dotNet RemortingとWeb Service

Martin Fowler’s Bliki in Japaneseの中のdotNETArchitectSemi2004を読みました。
この記事の中で「SOAとdistributedなシステムについて。」にてM. ファウラー氏話されているように単一アプリケーションの中でリモートでのオブジェクト操作が必要になったときに、XML WebServiceを使用するのはばかげています。dotNetであればRemortingを使うことがパフォーマンスやそれらの技術が持つアーキテクチャの点からは理にかなっています。しかしながら、IndigoやWhitehorseなどを横目で見ていくと、MSはアプリケーション内でのリモートオブジェクト操作についてもXML Web Serviceを使わせようとしているようにおもえます。しかしながらこれではアプリケーションが十分なパフォーマンスを発揮することができません。XML Web Serviceでは遅すぎます。この先もバイナリでデータ転送を行い、その転送にはできるだけ軽いプロトコルを使用する分散オブジェクト技術がdotNetには必要です。
次期.Net Framework 2.0で.Net Rmortingが強化されるというニュースは幸福なニュースです。.Net Remortingの弱点であるセキュリティへの強化が行われるようです。

コメントを残す