HP Sprout

desktop-m8-product1_verge_super_wide

http://sprout.hp.com/

基本的にPCやタブレットのスタイル、入出力デバイスという物は決まっていて皆ほぼすべて同じような構成になっている。このため基本的に内部的なスペックか単純な価格競争になっている。外観デザインと言ったところで結局どれもダサイ。入出力デバイスが同じなのでやれることも実際にはどれでも同じだ。

そんなつまらないPCでも入出力デバイスをちょっと変えてみるだけでデバイスとしての可能性が全然変わるかもしれないよと見せてくれるのがこのSproutだと思う。3Dカメラと手元に映し出されるプロジェクタが単なるタッチスクリーンでも、ペンタブでも無いデバイスとしての可能性を広げている。

Sproutから育つと良いな。

追記:
技術的にはMITメディアラボのシックスセンスやテーブルだった頃のSurfaceで使われていた赤外線画像解析技術やそれらのコンセプトがベースになっているのはわかるよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください