Hudsonのmsbuild pluginが地雷過ぎる

Hudsonのmsbuildプラグイン、これ結構地雷です。

正直これは使わずにWindowsのバッチコマンド実行で素直にmsbuildを実行した方が確実です。

まぁなにがだめかって言うと引数設定の扱いです。

たとえば

/p:ReferencePath="C:\Program Files\NUnit 2.5.3\bin\net-2.0\framework\"

という引数設定があったとしましょう。

これが実際に実行されるときには

"/p:ReferencePath="C:\Program Files\NUnit 2.5.3\bin\net-2.0\framework\""

に変換されてしまい、当然ビルドに失敗します。

/p:ReferencePath=\"C:\Program Files\NUnit 2.5.3\bin\net-2.0\framework\ \"

こんな感じで"をエスケープしてやると何となく動きますけど。。。

このほかまだ引数に関する細かいいけていないところが多いので、素直にコマンドを書いてあげた方が確実ですね。実際の手間もそれほど変わりませんし。。。

バグなのかなー。

Hudsonのバージョンは1.351、MSBuildプラグインのバージョンは1.3です。

コメントを残す