IBMってやっぱりすごいかもしれない。

IBMがSRAM/DRAM不良の事例を公表
IBMがSRAM/DRAM不良の事例を公開したようだ。両方とも原因はホットキャリア(本来より高い電荷を持った素子。その部分のスレッショウルドレベルが規定値より高くなってしまうので、ロジックがうまく動かず不良の原因になる)だったようだ。
まぁそういうこともあるから怖いよねっていうか、自力で調べられるところがすげー。

コメントを残す