Internet Explorer OSのつくりかた

Chrome OSがでてきた事もあり、Emacs OSだの、Vim OSだの登場してきたので、これは流行に乗り遅れてはいけない!Windows一派の端っことしてIE OSを作らなければならない!と思い立ち作ってみることにしました。

Windowsの場合すっごく簡単です。

  1. ローカルのAdministrator権限を持つアカウントでログオンします。
  2. とりあえずIE OS専用のローカルアカウントを作ります。何をやりたいかにあわせて権限をつけてください。
  3. レジストリエディタを起動します。
  4. HKEY_LOCAL_MACHINE \SOFTWARE \Microsoft \Windows NT \CurrentVersion \IniFileMapping \system.ini \boot を展開します。
  5. Shell 文字列値のデータを SYS:Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon から USR:Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon に書き換えます。
  6. 再起動します。
  7. 先ほど作ったアカウントででログオンします。
  8. レジストリエディタを起動します。
  9. HKEY_CURRENT_USER \Software \Microsoft \Windows NT \CurrentVersion \Winlogon を開きます。
  10. Shellという名前の文字列型の変数を作成します。
  11. この変数にInternet Explorerのフルパスを設定します(x86の場合)
  12. ログオフして、ログオンします。

以上の手順で2.で作成したユーザーでログオンする限りあなたのWindowsはIE OSになりますw

終了の方法ですが、Ctrl + Alt + Delで終了してください。

また同様手順でタスクマネージャを呼び出すことにより任意のアプリケーションを起動することも出来ます。多変便利ですね!

うまくいけばこのようなシュールなデスクトップがごらんになれます。

参考にしたサイト:

w2k:起動と終了

(っていうかそのままぱくりやん。。。)

コメントを残す