IronLisp

 LSharpがDLR上に移植され、IronLispになったらしい。もうこれからDLR上に言語作ったら「Ironほげ」にするのが原則だな。

IronLisp – Home
http://www.codeplex.com/IronLisp

ナオキさんは大杉って言っているけど、DLRの実装見たら、みんな何か湧き上がるもの(爆笑)があるはずなので、これからもIronPerl6とか、IronPHPだとか、IronOCaml(それってF#..)だとか、IronAWKだとかが出てきてきてもおかしくはないだろうな。

元ネタ:
なお記 – Iron製品出すぎじゃないのかなー?

5 thoughts on “IronLisp”

  1. IronAWK 欲しい!言語仕様的には簡単なほうなはずだから誰かがきっと作って・・・、いや言い出した人が作る法則ですか、やっぱり。。
    でもAWK全盛期は入力データがなんとか区切りテキストデータだったわけですが最近はXMLだったりするので、用途は限定されるかもですね。でもあのシンプルさは捨てがたい。

  2. これ書いた後最終のコードをビルドしてみたんですが
    (setq d ‘Hello)
    としただけで例外吐きやがる。。
    うーんまぁながーい目で見ていくしかありませんね。
    後僕も個人的にAWKの処理系はあってもいいかなって思うんですよね。

  3. Lsharpが元だから構文が違った(汗
    >>>(= foo 10)
    10
    >>>(+ foo 50)
    60
    これはOK。

  4. へー、そうなんですか。IronLispといってもLispだと思ってはいけない、のかな。(詳しくないので、、汗)
    私もLispと聞いたら真っ先に
    (setq d ‘Hello)
    やっちゃいますね。Emacs(正確にはWindows版のMeadow)が手放せない人なので。

  5. へー、そうなんですか。IronLispといってもLispだと思ってはいけない、のかな。(詳しくないので、、汗)
    私もLispと聞いたら真っ先に
    (setq d ‘Hello)
    やっちゃいますね。Emacs(正確にはWindows版のMeadow)が手放せない人なので。

コメントを残す