IronPythonのインストール

IronPythonのインストールは以下のようにして行う。

  1. .NET Framework 2.0がインストールされていることを確認する。
  2. インストールしたい場所に解凍する。
  3. インストールしたディレクトリにパスを通す。

以上。簡単でしょ。

Python文法や、IronPythonでの.NETのクラスの使い方については、解凍したものの中にあるTutorialフォルダのTutorial.htmを見ながらその内容を進めていけばだいたいわかると思う。WinFxのランタイムがインストールされていればより楽しめる。


追記:
誤解の無いように書いておくと、IronPythonはスクリプト+スクリプト実行環境なので、Visual StudioにPython用のプロジェクトが追加されて、PythonのプログラミングをVisual Studio上で出来るようになるというわけではないよ。別の言い方をすれば、.NETのクラスを使ったプログラムをノーコンパイルで実行できるとも言える。すごい。

コメントを残す