Java SE, Java MEオープンソースに。ライセンスはGPL v2

Sun Opens Java

昨日の仕掛けは予想通りJavaがOpen Source Softwareになることの発表だった。

Free and Open Source Java – Overview

基本的な事項は以下の通り

  • Java SE, Java ME, Glass FishをGPL v2の元に公開する
  • いわゆるクラスパス例外をもうけている
  • Sun Microsystemsは今後も商用ライセンスの元でもJava SE, Java MEを提供する

二重ライセンスとクラスパス例外によってGPL v2以外のライセンスを選択する余地を残しており、商用ライセンスを使えば完全プロプライエタリなソフトウェアを作ることも可能となっている。

ライセンスをGPLとすることでDebianのようなLinux ディストリビューションへのJavaのマージが進む事や、Javaコミュニティへの参加義務や、互換性テストへの代金支払いの問題でうまくいかなかった他のOSSプロジェクト(まぁ*BSD)でのJavaマージも進んでいくだろう。

さて、IBMは長年の要求が通ったわけだが、特にコメントは出していないと思う。ただ、これから何をしてくるかは視界の隅に入れておく必要があるだろう。

OpenJDKの入手

コメントを残す