Longhornとは何であるのか。

名無し#さんのblog中さんのblogにもあるように、今回のWinHECで公開されたビルドはWinFX無しという物でした。WinHECがハードウェア技術者向けのイベントだと言うことを割り引いてもかなり後退した感が否めません。このままLonghornが製品化されるのであれば、これは普通のWindowsのバージョンアップにすぎないような気がします。少なくとも2003年のPDCで約束された「革新」ではありません。
WinHECで登場したLonghornが示しているのは、マイクロソフトの.netに対する姿勢の変化を示した物なのでしょうか、それとも単にLonghornの開発の遅れを示しているだけのでしょうか。
今年はマイクロソフトの大きなカンファレンスがあと2回、TechEdとPDCが残されているので、注目していきたいと思います。

コメントを残す