Mixer Createが正式リリースとなりました

情報源: Mixer Create

モバイルからMixerへ配信するためのアプリ、Mixer Createが正式リリースになりました。

現在Android版とiOS版が用意されています。

ゲーム実況の他、カメラを使った映像のライブ配信も可能です。

Android版はデスクトップの他ほとんどのアプリをキャプチャして配信可能ですが、iOSの場合はアプリが対応している必要があります。現状iOSのポケGoなどは対応していないので、ゲーム実況に関してはAndroidの方が楽しめると思います。

当然Mixerのチャット機能等も使えます。

使用に当たってはMixerへユーザー登録をする必要があります。ユーザー登録にはマイクロソフトアカウントを使うのが一番簡単です。

アプリからユーザーの紐付けが終わると起動画面がこのような形になります。(iOS版)

下側にあるピンクの配信ボタンをタッチすると配信画面に切り替わります。

これで中央の配信ボタンをタッチすると実際に配信開始です。配信中は画面をタッチすることで一次停止ボタンを表示させ一次停止したり、配信を停止したり出来ます。

配信前に下のバー(ゲームバー)にあるカメラボタンで前後のカメラを切り替えたり、マイクボタンで音声をミュートしたり出来ます。一番右のボタンはチャット画面のオーバーレイを切り替えます。

さすがにPCで配信するときのような超低レンテンシーとは行きませんが、LTEでも10~20秒程度のラグで配信できるので優秀だと思います。

今後Mixerならではのインタラクティブ機能や多重配信にも対応していくと思うのですごく楽しみですね。

あと、任天堂Switch版作れば、スプラトゥーン2やArmsの配信需要がっつり取れるんじゃないでしょうか。HDMIのキャプチャ環境とか作らなくて良いですから。