MSがShared Source Licensesを改訂

Shared Source Licenses
これまで、見ても良いけどさわっちゃだめとなっていたSSLですが、新たに3ライセンスに大きく分割され、その中にはソースの変更を可能にするライセンスも含まれます。
Microsoft Permissive License (Ms-PL)
商用・非商用問わずソースコードの改変、再配布が可能なライセンス
Microsoft Community License (Ms-CL)
開発コミュニティ向け
Microsoft Reference License (Ms-RL)
今まで通り、見ても良いけどさわっちゃだめ。「お客さん踊り子さんには手を触れないでください」のまま。
2005/10/21追記:
激しく誤解していたのですが、今までもSSLで商用可のライセンスはありました。で、今回はそれがあんまりにもいろいろ種類がありすぎたので、整理したのが正解と言うことのようです。

コメントを残す