Windowsでnow.jsのインストールに必要なもの

node.jsでWeb Socketを便利に使えるようにしてくれるnow.jsですが、Windowsではnpmでのインストールがうまくいかないとか、うまく動かない的な話もあったり。

とりあえずnode.jsのバージョン0.8で動かないという話はnode.js 0.8のバグかもしれないでほっておくとして、とりあえずnpm install now -gで正常にインストールするには、途中でネイティブコードのビルドが必要になるので、そのための準備が必要です。以下の二つを事前にインストールしておく必要があります。

CPythonのインストール後はそこにパスを通しておきます。

そして、npmのコマンドはVisual C++のコンパイラやツールにパスの通ったコマンドプロンプトか、Visual Studioのメニューにあるコマンドプロンプトから実行します。

Visual Studioインストールとなると二の足を踏む人が多いですが、こんなのLinuxで

yum groupinstall "Development Tools"

とするのと何にも変わらないので、ささっとインストールしてしまいましょう。

追記:
NODEの0.6.x/0.7.Xでnowjsを一度インストールした場合には、0.8.Xインストール後、再度nowjsインストールしないとだめなようです。(0.8.1ではそれで動作確認)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください