Office 2007のプロダクトキー入力

Office 2007のプロダクトキー入力は、今までの5桁ごとにテキストボックスがあり、そのテキストボックスに5桁のキーを入力させるスタイルではなく、一つのテキストボックスがあって、ハイフンを含めて全てを左からそのテキストボックスを入力しなければならない。しかも最後の1文字は入力した瞬間でプロダクトキーの検査をするようで、入力のフィードバックがすぐに帰ってこなくて不安になる。プロダクトキーの検査が終了後入力した文字が検査結果と同時に表示されるのだ。5桁ごとのテキストボックスがかっこわるいと思うなら、他社がしているように、5桁入力する毎に自動的にハイフンを表示して、次の入力を則すようにしたら良いんじゃないかと思う。インテリセンスの技術を持ってくれば造作もないはず。

プロダクトキーを入力した直後に検査結果がわかるのは良いのだけど、プロダクトキー入力のUIとしては全面的に後退してるのではないかと思う。とても僕の親父が間違えずに正しく入力できるとは思えない。

3 thoughts on “Office 2007のプロダクトキー入力”

  1. うーんそうですかー。
    こぴぺできるようになったので大賛成なわけですが。

  2. 普通の人はコピペせずにCDケースとかから入力するわけですから、ちょっとというかだいぶ入力しにくくなっていると思います。

  3. あれ、プロダクトキー入力のテキストボックスの上に「ハイフンは入力しなくても自動的に入るので大丈夫です」みたいなことが書いてあって実際に入力しなくても大丈夫だったような記憶がありますが気のせいでしょうか。
    もう手持ちのマシンにはすべて2007インストールしちゃったのでどうやって試そうか・・・仮想マシンつくろうかな。
    最後の桁を入力した瞬間にフリーズしたようになるのは、初めてのインストール時は確かにちょっとびっくりしました。

コメントを残す