OPCよ汝は何処へ2

候補1 SOAP

OPCファウンデーションもOPC XMLという形ですでに規格化を始めていますし、SOAP Ver1.1の範囲にとどめれば、一定の相互接続性も確保できます。

しかしながら、私はこのSOAPがDCOMに変わるOPCで使用するコンポーネントアーキテクチャの決定打とは思えません。現状のSOAPはHTTPで通信されることがほぼ前提で、この方式は数十m秒から数秒の定周期でタスク間の通信が発生するOPCの世界には遅すぎて適していません。現状のSOAPはOPCよりももっと大きな粒度のオブジェクトのインターフェイスとして使用されるべきです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください