Oslo : Microsoft’s next SOA Platform

http://www.microsoft.com/soa/products/oslo.aspx
Osloはマイクロソフトの次期SOAアプリケーション構築用のプラットフォームで、以下のものから構成されている。
.NET Framework 4.0
Biztalk Server V6
Biztalk Service
Visual Studio “10” Code name “Rosario”
Operation Manager “2009”
Configuration Manager “2009”
また、Biztalk V6の内部エンジンが.NET FxのWF, WCFとなるのも注目点だ。これによって、ワークフロー/オーケストレーションの記述、実行エンジンががWFに統一される。
今まで、SOAに関するいくつかの製品や技術でその方向性がバラバラだったのだが、これで一応まとまりのあるアプリケーションプラットフォームの完成ということなんだろうか。
提供は2009年からの予定。
Microsoft Directionsの記事
http://www.directionsonmicrosoft.com/samples/Olso1107.pdf

コメントを残す