PLinq : .NET Fx における並列化実装の議論が進められているらしい

MPUのマルチコアが進む一方で、その動作クロックが上がっていかない状況は、MSのソフトウェアアーキテクトであるHerb ShutterがThe Free Lunch Is Overとして書いているように、これからのソフトウェア開発を考える上で重要な問題です。そこにも書かれているように、今後ソフトウェアのパフォーマンスを上げる唯一の方法は貪欲な並列化を推し進めていくことで、これから様々な形で、開発環境、あらゆるVM、OSでこれへの支援が行われるようになるはずです。

Linqによってデータアクセスへの問題が一段落したら、.NET Fxにおける主要なテーマは並列性であると思っていましたが、どうやらその議論が始まったようです。

Joe Duffy’s Weblog – PLINQ talk at DAMP workshop (co-located with POPL 2007)

このPLinqではデータに対するクエリーを並列化していくことで、ソフトウェアの並列化を進めていくようです。

また、うえのBlogではこのPLinqに関するスライドをダウンロードすることができます。

参考:

コメントを残す