SQL Server 2008 R2 開発環境の構築手順

SQL Server 2008 R2の開発ツールはVisual Studio 2008, .NET 3.5ベースの環境で、そのリリースタイミングにもかかわらずVisual Studio 2010ではありません。このため、現段階で環境構築する場合には注意が必要です。

またお約束ですが、Visual StudioとMS SQL Serverの言語エディションは必ずあわせてください

Windows 7 / Windows Server 2008 R2でのインストール手順です。

  1. .NET Framework 3.5 SP1のインストールと有効化。Win2008R2では有効化が必要なので機能の追加から有効化してください。
  2. IISの有効化。(必要に応じて)
  3. Visual Studio 2008のインストール。また、Database Editionのインストールも。
  4. Visual Studio 2008 SP1のインストール。
  5. SQL Server 2008対応GDRのインストール。
  6. Office 2010のインストール。
  7. SQL Server 2008 R2 Developer Edition(他)のインストール。
  8. VS2008向けサードパーティツールのインストール。
  9. Visual Studio 2010のインストール。

ざっとこんな感じです。

現実的な問題として、SQL Serverを使用した開発を続ける場合、まだしばらくはVisual Studio 2008とつきあう必要がありそうです。

コメントを残す