SQL Server Compact 4.0 をVisual Studio 2010 SP1/Visual Web Developer Express 2010 SP1を使用するためのツールが登場

Visual Studio 2010 SP1に期待していた事として、SQL Server Compact Edition 4.0への対応があり、早速と思って試してみたら、あれれ、サポートされてないぞーという。。。どうしたものかと思っていたら、 Microsoft Visual Studio 2010 SP1 Tools for SQL Server Compact Edition 4.0 Installer CTP 2 というものが登場してきました。どうやらSP1には間に合わなかったようです。なんかさすがだなー(まて)

インストール

ではインストールして使用するまでの手順です。

とりあえず今は WPI( Web platform installer ) を使ってインストールする方法しかないようですので、WPIを起動します。WPIはスタートメニュー→全てのプログラム→ Microsoft Web Platform Installer を選択します。

image

右上のテキストボックスにSP1を入力し、検索します。

検索結果から「Microsoft Visual Studio 2010 SP1 Tools for SQL Server Compact Edition 4.0 Installer CTP2」を追加ボタンをクリックし、インストールボタンをクリックします。

CE4_00

関連するコンポーネントも自動的に選択されます。問題なければ同意するをクリックで、インストールを開始させます。

CE4_01

image

使用方法

サーバーエクスプローラーを使用する方法

Visual Studio 2010 SP1を起動し、サーバーエクスプローラでデータ接続を右クリックし、接続の追加を選択します。

CE4_02

表示されるダイアログで変更ボタンをクリックします。

CE4_03

データソースの変更ダイアログが出るので、SQL CE 4.0を選択します。OKをクリックすると元のダイアログに戻ります。

CE4_04

作成をクリックします。

CE4_05

表示されるダイアログでデータベースファイル(sdfファイル)の場所と名前を決定します。必要であればパスワードを設定します。

CE4_06

サーバーエクスプローラに接続が追加されます。

CE4_07

Transact SQLエディタを使用する方法

Visual Studio 2010 SP1を起動し、メニューでデータ→Trasact-SQLエディタ→新しいクエリ接続を選択します。

サーバへの接続ダイアログで新しいデータベースを選択します。

CE4_08

次のダイアログが表示されます。データベースのバージョンでSQL CE 4.0を選択し、サーバーエクスプローラーの場合と同様にデータベースファイル名、パスワードなどを設定します。

CE4_09

早くRTMになってほしいなぁ。

関連・元ネタ

One thought on “SQL Server Compact 4.0 をVisual Studio 2010 SP1/Visual Web Developer Express 2010 SP1を使用するためのツールが登場”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください