T3-305 Visual Studio 2008 におけるVisual C#の新機能

MSコーポレーションでC#のコンパイラ開発をしている波村氏の凱旋wセッション。

C# 3.0の新機能をすべてデモで、コードを書きながら、新機能の内部動作もコードを書きながら説明。

惜しくもセッションを見逃した人はポストカンファレンスDVDで確認しよう。

しかし、実際に楽しかったのはその後の質疑応答だったんだよ。

自分で質問した内容だけ書いておくと、C#でのマルチコア対応はF#のFeatureではなく、もっとCLRを含めた自然なものになっていくようだ。

追記(2007/08/25 7:59)波村さんの感じが間違えていました。お詫びして訂正いたします。

4 thoughts on “T3-305 Visual Studio 2008 におけるVisual C#の新機能”

  1. はじめまして。このページは以前から見ていました。
    >しかし、実際に楽しかったのはその後の質疑応答だったんだよ。
    まさにその通り!ちなみに最初にLINQとSQLとの関連性の質問をしたのが私です。。つまり隣同士にいたわけですね。
    世の中は広いようで狭いものですね。。

  2. 羽村さんから話がなかったのはPLinqがおそらく、CLR/C#開発チームが作っているものではないからでしょう。
    PLinq自体はかなり前から話題が出ています。
    http://www.isisaka.com/blog/archives/2007/01/plinq_net_fx.html
    おそらくCLR/C#開発チームが行おうとしているAnyCore対応はおそらくもう少しPLinqより根源的な部分、メッセージベースのマイクロスレッドだったり、メモリに対するトランザクションだったりすると思います。

コメントを残す