UTF-8のBOM

UTF-8のBOMはUTF-16とは違いあっても無くても良いもの ですが、無くてもいいのだからと無しの強制が当たり前というのもちょっといかがなものかと思ったりもするわけです。単純に処理系としてUTF-8を入力として認めるのであれば、BOMの対応はしてほしいところ。BOMをつけるつけないの選択もないWindowsのメモ帳も問題だが、それが仕様上存在し得る以上無いことを前提にするのも間違いだ。

また、こういう細かいところをなおざりにしたり、ちゃんと対応しておかないと、ソフトウェアの国際化がどんどん難しくなってしまう。だいたいUTF-8が通れば国際化OKとかバカかあほかと小一時間(ry

書くきっかけ:Unicodeへのシフト – L’eclat des jours (2008-09-20)

コメントを残す