Visual Studio 2005: Domain Specific Language (DSL) Tools

Visual Studio 2005: Domain Specific Language (DSL) Tools

This download contains a graphical designer hosted in Visual Studio 2005 for designing and editing the concepts (or metamodel) of visual domain specific languages.

ということで、OOPSLAで発表されたDSL Toolがダウンロードできるようになりました。
インストール手順は以下のとおり。
このDSL SDKのインストール前にVSIP 2005 SDKのインストールが必要になるので、以下からダウンロードしてインストールする。
VSIP SDK 2005 Beta 1
次にダウンロードしたDSL CTPをインストールする。
次にDSL CTPのReadmeに書かれているように、VSへのパスの通ったコマンドプロンプトを開き、
devenv /resetuserdata
とコマンド打つ。
このCTPにより追加されたダイアグラムについては以下を参照。
Walkthrough of the Microsoft Tools for Domain Specific Languages
DSL TOOLの使い方もここに書かれています。
一応日本語ベータ1にもインストールできました。
Corona
スクリーンショット

One thought on “Visual Studio 2005: Domain Specific Language (DSL) Tools”

コメントを残す