Windows 10 Insider Build 17093でのWSL強化点

AF_UNIXを使用したWindowsアプリケーションとの相互運用

Windows/WSL Interop with AF_UNIX

Windows Insiderビルド17093以降、WSLアプリケーションはUnixソケットを介してWindowsアプリケーションと通信できます。先のIPでWindows側でAF_UNIXに対応しましたが、これを利用してWSL上のLinuxのプロセスと通信が可能になりました。

またこの通信はWindows側のプロセスを配置した場所のアクセス権限を利用して、通信方向の制御、通信自体の禁止を行えます。詳しくは上Blogを参照ください。サンプルコードもあります。

WSLでの起動設定

Automatically Configuring WSL

Insider Build 17093から、WSLの特定の機能を自動的に設定する方法を追加しました。この機能は、サブシステムを起動するたびに適用されます。これには、自動マウントオプションとネットワーク構成が含まれます。(ディストリビューションに関係なく共通の設定になるようです。)

設定は /etc/wsl.conf/wsl.confを編集して行います。編集後の反映にはサブシステムの再起動が必要なので注意が必要です。また、設定可能な内容も多くは有りません。詳細は上Blogをご確認ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください