Windows Azure Service Update

Windows Azure: Announcing New Dev/Test Offering, BizTalk Services, SSL Support with Web Sites, AD Improvements, Per Minute Billing – ScottGu’s Blog.

今日からUSではTech Edが始まりました。と言うことで怒濤のようにニュースが出てくるはず。

赤シャツからAzureのアップデートがキーノートで発表されました。

大きなところではVMでVMを止めておけば一切チャージがかからなくなったことや、MSDNサブスクリプションサービスで提供されたソフトウェアをAzureで動作できるようになったことで開発やテストをAzure上でやりやすくなりました。しかし、MSDNで提供される利用枠ソフトウェアでは商利用のインスタンスを提供することが出来ませんと言うのがまず一つ。次にBizTalkサービスの登場、Web SiteでのSSLサポートと、占有モードにすることでx64のサポート、ADの同期ツールなどです。

追記(10:34):

MSDN利用枠の商用利用不可までは読み取れなかったので、打ち消し線入れました。また、ソフトウェア側はしっかり記述されていたので追記。ま、こちらは特別にそうってわけではなく、オンプレミスで使用するときと同様の制約がありますって事ですね。

コメントを残す