Windows Communication Foundation Servicesってなに?

と言う疑問は、以下の文書の序文”What is Windows Communication Foundation?
“を読むとよくわかります。
Introduction to Building Windows Communication Foundation Services
要約すると。

今までの分散システム技術、ASMXとWSE、エンタープライズサービス/COM+、MSMQ、.NET Remotingはそれぞれ十分に問題なくその役割を果たしてきたんだけれど、必要があってそれら技術の中で、何か一つの技術を使うと、ほかの技術についてはあきらめなきゃ行けないと言うのが問題だった。たとえば相互運用性が必要でASMX/WSEを使うと、MSMQの持つ信頼性の高いMQというメッセージングメカニズムはあきらめて、信頼性の低いHTTPを使わなくてはならない、分散トランザクションが必要でCOM+を使えば、クラスプラットフォームでの相互運用性をあきらめなけきゃいけない。

WCFではこのような何かを得るために何かをあきらめるような技術選択を不要にして、要件に合わせてアプリケーションに必要な分散システム技術をインプリメントできるようにする。

WCFはこれまで、ASMX/WSE、MSMQ、エンタープライズサービス、.NET Remotingと別々のプログラミングモデルで実装する必要があったのに対して、それら特徴をすべて備えた一つのプログラミングモデルをマスターすればいいので、それによって開発者の生産を向上させることや、WCFはWS-*標準をインプリメントしたものであり、プログラミング言語やプラットフォームをまたいだ広い相互運用性を約束している。

このようにWCFは、今までマイクロソフトがNetwork DDE、DCOMに始まり、今まで提供してきた分散システム技術を統合して、WS-*標準にあわせ再設計されたものであるわけ。

コメントを残す