Windows Media Photo

Windows Media Photo Specification
/.Jを読みながら、やっぱPCのモニタしか考えてないのね君たちという感じ。
WMPは撮影時から、最終的な印刷(ページプリンタ出力じゃねーぞ)まで、一つのデータフォーマットで、データの変換やそれに伴うデータの劣化無しに画像データを流通させようというもので、PCのモニタで表示させることだけ考えてる訳じゃないはず。
これは、XPSと同じくAdobeのPostScriptに対抗するための技術なんだから、そのために出版印刷業界で一般的なTIFFのフォーマットを借りたりしているし、XPSの中にWMPを入れ込むのはPostScriptの中にTIFFを入れ込むAdobeのやり方に似ていて、そういった業界向けにプロ用、業務用機器を作っているメーカーに受け入れられやすいからだよな。
ということで、ビットマップのフォーマットも決まったところで、本格的にAdobe、MSのがち対決が始まったと言うところだね。

コメントを残す