Windows Server 2016のリリーススケジュールの決定と新しいCurrent Branch for Business servicing optionの発表 

We are excited to announce the official launch of Windows Server 2016 will be at the Ignite conference this Fall.

情報源: Windows Server 2016 new Current Branch for Business servicing option | Windows Server Blog

という事で、Windows Server 2016のリリースがIgniteでという事に決まったようです。9/26ごろ。

また、公開ベータとしては今のWindows Server 2016 Technical Preview 5が最後の物となるようです。

エディションは3つ。Datacenter, Standard, Essentials。またそれぞれインストールオプションがServer with Desktop Experience, Server Core, Nano Serverの3種類となります。

また、今回Current Branch for Business servicing(CBB)というオプションが提供されることが発表され、これは現行のWindows 10のようなロールアップアップデートが実行できる物となっており、SAの契約が必要です。またServer with Desktop Experience, Server Coreでインストールされた場合にはCBBは提供できません。従来型のアップデートモデルとサポート期間になります。まぁ簡単に言ってしまえば、今はNano Serverのみとは言え、Windows Serverもサブスクリプションモデルのようなライセンス体系を選べるようになります。

静岡で10月ぐらいにWindows Server 2016とSQL Server 2016の勉強会やりたいっすな。

One thought on “Windows Server 2016のリリーススケジュールの決定と新しいCurrent Branch for Business servicing optionの発表 ”

コメントを残す