Windows Subsystem for Linuxの仕様にあたり、開発者モードの設定が不要に

情報源: Developer Mode no longer required for Windows Subsystem for Linux – Windows Command Line Tools For Developers

Windows 10 Insider Preview Build 16215よりWSLの仕様に当たって開発者モードの設定をする必要がなくなります。

これは、開発中の不安定な機能を使用するものだったため、非技術ユーザーを保護する目的で設置されていましたが、昨年からの二つの大きな更新でMSとして自信が持てたので、このツールセットを多くのユーザーが利用できるよう、開発者モードの設定無しで使えるようにするということのようです。

このため、今後WSL自体の機能をWindowsに追加するには、Windowsの機能にて「Windows Subsystem for Linux(Beta)」を選択するだけです。