WinGHCi & WinHugs

どちらもそれぞれのWinがつかないコマンドシェル上のインタプリタをWindowsアプリケーションにしたものです。

winghci – Project Hosting on Google Code
http://code.google.com/p/winghci/

image

WinGHCiはHaskell Platformからインストールすることもできます。

WinHugsはHugsのダウンロードページからダウンロードできます。

Downloading Hugs
http://cvs.haskell.org/Hugs/pages/downloading.htm

image_3

両方ともコンソールのインタプリタに若干のGUIがついているだけですが、その若干の違いでかなり使い勝手が良くなっているのと、エスケープシーケンスのサポートも若干あるようなので、その点でWindowsのコマンドラインで使うよりは使いやすくなっているかと思います。

ということで、明日はHaskell読書会と言うことで、三島でお待ちしておりますw

コメントを残す