WordPressでシンタックスハイライトのプラグインを Enlighter プラグインに変えてみました

All-in-one Syntax Highlighting solution. Full Gutenberg and Classic Editor integration. Graphical theme customizer. Based on EnlighterJS.

情報源: Enlighter – Customizable Syntax Highlighter | WordPress.org

今まで、弊Blogではシンタックスハイライターとして、Crayon Syntax Highlighter を使用してきましたが、PHP 7.3ではエラー吐いていまい、使用できないことがわかりました(修正した方もいます)。(ご迷惑をおかけしました。)もう2年もコードの更新がされていないプラグインなので仕方がありません。

ただ、クラシックエディタの寿命もあと2年しかなく、その後のGutenberg化のことを考えれば、Crayonはどのみち近い将来使えなくなります。という事で、ここは思い切ってプラグインの差し替えを考え、このEnlighter プラグインを使用してみることにしました。名前の通りEnlighter.JSを使用したプラグインです。

現状開発が止まっておらず、Gutenberg対応で、ほとんど記事側の変更不要そうなのが決め手となりました。ただ、preやcodeタグのlang属性で、本エディタのサポートしている”csharp”など以外のキーワードがあった場合には、ざっくり無視されるようなので、場合によっては記事側の修正が必要です。

// A Hello World! program in C#.
using System;
namespace HelloWorld
{
    class Hello 
    {
        static void Main() 
        {
            Console.WriteLine("Hello World!");

            // Keep the console window open in debug mode.
            Console.WriteLine("Press aney to exit.");
            Console.ReadKey();
        }
    }
}

こんな感じでハイライトされます。

弊ブログでおかしなところを見つけたら、そこから直してゆきます。。。