WSLにSUSEが追加されました

情報源: SUSE’s Linux distros for WSL now available in the Windows Store – Windows Command Line Tools For Developers

WSLのディストリビューションにUbuntuに続き、SUSEが追加されました。しかもSUSEはOpen SUSE Leap 42とSUSE Enterprise 12両方です。

Windows Storeよりインストールします。インストールにはWindows 10 Insider Preview #16215以上が必要で、且つそれらでWindows Subsystem for Linux(WSL)をインストールしておく必要があります。

Ubuntuとの共存も可能です。残りはFedoraという事になります。

追記(2017/07/23 19:43)

openSUSE Leap 42をGUIアイコンでなく、コマンドラインより起動する場合にはコマンドラインより、「openSUSE-42」とタイプします。

また、ディストリビューション毎の起動コマンドは以下のようにFall Creator Updateより追加される「wslconfig」コマンドで確認することが出来ます。

C:\>wslconfig
Performs administrative operations on Windows Subsystem for Linux

Usage:
    /l, /list [/all] - Lists registered distributions.
        /all - Optionally list all distributions, including distributions that
               are currently being installed or uninstalled.
    /s, /setdefault  - Sets the specified distribution as the default.
    /u, /unregister  - Unregisters a distribution.

C:\>wslconfig /l
Windows Subsystem for Linux ディストリビューション:
Legacy (規程)
openSUSE-42
ubuntu

LegacyはFall Creators Update(RS3)前までのubuntuのディストリビューションなので、「lxrun /uninstall」コマンドにて削除してしまった方が良いです。(私の環境で残してしまっていた)

また、(規程)となっているディストリビューションが、「bash」コマンドで起動されるディストリビューションとなり、変更は「wslconfig /setdefault」コマンドにより行います。