Visual Studio 2015のアンインストール方法について

情報源: Force uninstall a Visual Studio 2015 Preview or Release Candidate

/forceオプションを付けないもしくはGUIからアンインストールを選択するとVS本体(と拡張)のアンインストールだけになってしまうので、周辺ツール類も含めてアンインストールしたい場合には、上のようにコマンドラインから/forceオプション付きでアンインストールを実行する。vs_enterprise.exeは適宜実際にセットアップに使った実行ファイルに変更すること。

ただし、これでもインストール時にインストールされるランタイムやDB周りのライブラリなどはアンインストールされないので注意すること。

VisualStudioUninstallerが全然息をしていないのですが、VS2015に向けて生き返って欲しい。

VS2015でインストールされるサードパーティーツールのアンインストールについては以下のKBを参考に。

2015年の Visual Studio のセットアップ: サード パーティのアンインストール

しかし酷い機械翻訳だ、このタイトルで検索できたGoogleの検索エンジンの方を褒めるべき。

追記(2016/04/26 7:17):

Visual Studio Installerがいつの間にかちゃんと復活していて、バイナリも公開されました。以下の記事を参照してください。

Visual Studio Uninstallerのバイナリが公開されていた

One thought on “Visual Studio 2015のアンインストール方法について”

コメントを残す