スター・トレック:ピカード 第4話感想

第4話感想。ネタバレ。

あらすじはWikipediaを。

今回と次回はジョナサン・フレイクスの監督回なので期待して見たのですが、期待を裏切らない演出だったと思います。

今回は旅の仲間となるエレノアの回でしたね。ロミュランの文化のまた違う一面が見られました。そして最後にセブンオブナイン登場でどうしてくれるんだ来週待ちきれないだろという感じに!

それにしてもエレノア君が時代劇の用心棒みたいで格好いいですね。(ま、あからさまにそうなんですが。)まさかスタートレックでチャンバラを見ることになるとは。

一方ボーグキューブではソージがナレクを疑い始め、怖いナレッサお姉さんが成果も出ないのいちゃついているナレクを脅しにかかります。ナレッサの女王様ぶりも必見です。

公式あらすじ(英文): RECAP: Absolute Candor Throws Picard into High Gear

次回予告: PREVIEW: Star Trek: Picard – Stardust City Rag

コメントを残す