チーフプログラマ制度、セル生産、Programming First Developmentに共通していると思うこと

これは最初sから最後まで、自分でその仕事を面倒見るというところ発生する責任感とやる気だ。人は何かをやらされていると感じるより自分で制御可能な範囲が確保されていると感じるほど作業に対する苦痛が少ない、楽しいと感じられる。

ただそれを実行するだけの個人の技量が要求されはする。

参考:

テストをすべきなのは知っているが,現実にはできない」という現場の状況をいかに打破するか,気鋭のソフト開発者とテスト技術者がパネル討論:ITpro

極力ユニットテストを書かずに品質を確保する方法 – ひがやすを blog

代替案のある生活 > プログラマーは、もう時代遅れなのか : ITmedia オルタナティブ・ブログ

第84回 工場再建・山田 日登志(2008年4月15日放送) | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

コメントを残す