フェルナンド・アロンソ、今季限りでトヨタWECを離脱。後任にはブレンドン・ハートレーが加入

フェルナンド・アロンソは、今シーズン限りでTOYOTA GAZOO RacingのWECチームを離脱。ブレンドン・ハートレーが来季からトヨタの一員となることが決まった。

情報源: フェルナンド・アロンソ、今季限りでトヨタWECを離脱。後任にはブレンドン・ハートレーが加入

悪くないんじゃ無いでしょうか。これでアロンソは、来年からマクラーレンとIndyCarをまじめにやるのか、クルマが良くなったのでF1戻りたいのかってところですが。

ハートレーはF1であまり良い結果は残せなかったのですが、性格が耐久向きと言われていますし、トヨタでも良い結果を残してくれると思います。それに日本のSuperGTで走っても良いのよ。あと、来シーズンから参戦するポルシェのFormula Eチームにハートレーが参加するという噂もあります。

来季のブエミ参加も決まったようで、日産がブエミをレースの顔にしたいので、高額ギャラで日産専属にさせるというような話もありましたが、まぁ今のe-DAMSがアレではブエミもそうするかって話にはならないかなと。

あと問題なのは、WECが2020年以降のLMP1への回答をまだ出せていないところで、このままだとLMP1が単純に無くなるという事になりそう。話題のHypercarクラスもクルマのレギュレーションがまだ発表もされず、参加チームもあやふやで、来月中にちゃんとまとまったものを出せるんでしょうか。