ユーザーインターフェイスの設計

実はユーザーインターフェイスについての記事を書こうかと、あれこれ準備をしていたのですが、以下の記事を見つけ、読んで、自分でかくのはやめることにしました。
私が書こうとしてしていたことがまとめられている上に私が書くよりきっと上手く書かれているから。
Joel on Software プログラマのためのユーザインタフェースデザイン
ユーザーインターフェイスが持つべきアフォーダンスについて。
奇抜な物では無く、みんなが慣れたインターフェイスを再利用する。
ペルソナ。(文中にはペルソナという言葉は出てきませんが。)
機能ではなく、ユーザーアクティビティによるデザイン。
以上がすばらしい文章とともにまとめられています。


これを読んでなおこれが先払いだと思うのなら思えと思う。
不幸なのは、これらのことを考えずに作られたシステムつかまされた、実際に使う人たち、経理の斉藤さんや事務員の山本さんなんだけど。

コメントを残す