ユーザー中心設計なんて本当は当たり前の話。

使いにくい業務システムが生まれる理由:IT Pro
お客様から代金をいただいて、物を、それもほとんどがオーダーメイドで作っている以上、お客様に満足いただくのは当然です。したがって、ユーザー中心設計なんて言葉が持ち出されるまでもなく、ユーザビリティやお客様の満足が得られるように設計するのは当たり前なのですが、その当たり前をやってこなかったのがこの情報通信産業というやつです。
おそらくこの当たり前が出来るようにならなければこの業界の未来はないと思っていますし、社会の発展もないでしょう。券売機の前で立ち止まって固まってしまったおばあさんは、このおばあさんになにか悪いところがあったのでしょうか、このおばあさんの能力が低いからですか?それとも券売機のインターフェイスのデザインが適切でないのでしょうか。答えは明白なはずです。能力にかかわらず大多数の人は列車の切符ぐらい買えるべきです。
技術は人を手助けする物であって、人に制約加える物では無いはずです。ましてや自分の不勉強や不誠実を技術のせいにしてはいけません。

コメントを残す