世界ではシェア10%超:富士通、2010年にIAサーバの国内シェア1位を目指す – ITmedia エンタープライズ

世界ではシェア10%超:富士通、2010年にIAサーバの国内シェア1位を目指す – ITmedia エンタープライズ

IBMによるSUN買収で一番痛い目に遭いそうなのが富士通だったのだが、やはりこういう展開になりそうなのか。

富士通はTIと並ぶSPARCのチップベンダーで特にハイエンド用途のSPARC64シリーズの開発生産をしている。また、SUNとの堅い協力によりSPARCのハイエンドUNIXサーバーをこの自社製SPACで生産しており、事実上高付加価値(高価格帯)の製品はSPARCアーキテクチャの製品でラインナップをそろえてきていた。(メインフレームのプロセッサアーキテクチャをSPARC化する話もあったはず)

しかしながら、IBMによるSUN買収(話)によって、SPARC自体の将来性に疑問符がつくこと(IBMにとって二種類もRISCプロセッサはいらないし、当然残すのはPowerだ)、Solarisも生き残るか(開発が続けられるか)怪しいという事態になってしまえば、選択肢はもはやIA意外になくなってしまう。

ただ、これで意外とHP以外にちゃんとItaniumを拾い上げるサーバーベンダが現れた気がしなくもないw

でもOSはどうするんだろう?Linuxか?

コメントを残す