北京─上海高速鉄道計画、仏アルストムが大半を受注=報道◇ロイター – nikkeibp.jp – 建設

北京─上海高速鉄道計画、仏アルストムが大半を受注=報道◇ロイター – nikkeibp.jp – 建設

中国国営の新華社通信が26日報じたところによると、北京─上海間を結ぶ高速鉄道計画で、フランスの重電大手アルストムが計画の大半に当たる122億5000万ドル規模の受注を獲得した。ただ、会社側は報道内容を否定している。

報道の自由のない国の官報たる新華社の配信だから決まりなんだろう。
ある意味日本にとっては幸運だったかも。
しかし中国という国は外国による鉄道建設で痛い目に遭ってるんじゃないの。
自分たちで作らないと長期的に結局丸損だと思うのですがねぇ。技術が残らないし。宇宙開発もしかりで、短期的に成果を上げたいから買い物ですますんでしょうけど、我が国より懐の浅い国になりそうです。
まぁ、こんな話もおそらく人口のうち9割ぐらいの人には関係のない話なんだけど、それが一番の問題なんだと思いますよ。こんなことに投資するぐらいなら、内陸部の殖産に投資した方が良いと思うんだけどなぁ。賄賂が少ない。そうですか。
このままじゃやばいなぁ。日本も絶対巻き込まれるしなぁ。

コメントを残す