大衆によるプログラミング

Scott Dorman : Programming for the masses

Think about this: Do you want a developer that doesn’t understand how to declare an array writing the software that runs your car?
これについて考えてください: あなたは配列を宣言する方法も理解していないで、あなたの車を走らせるソフトウェアを書く開発者が欲しいですか?

Visual Studio Express EditionあるいはEclipseは確かにプログラムを書く人の裾野を広げたのかもしれないけど、それはプログラミングと言えば雑誌やネットからコードの断片を集めて貼り合わせるだけの事だとしか考えていなくて、配列も理解していないコード猿を大量に作っただけで、プロフェッショナルな開発者を増やしたわけではなく、むしろそのコード猿がプロフェッショナルな開発者の活動や生活を脅かし、結果としてソフトウェア産業が産業としてだめな方向に進んだのではないかとし、それは本当に望ましい事なのかという記事。

日本で言えばhoge厨ウゼェって記事と言えば記事なんだけど、確かに今のままでいいんだろうか。

プログラミングは大昔に比べれば確かに簡単になっているが、職業としてプログラミングをするには週末子供とレゴで理想のマイホームを造る程度に簡単になったわけではないし、これからもたぶんならない。

職業としてプログラミングするにはいまでも、基礎部分の学習、たとえば計算機が動作する仕組み、CPUとメモリの構造、基本的なアルゴリズムとデータ構造を理解し、それを言語上でどう実装するかという言語文法に対する理解と言った物が最低限必要だ。そして自分で調べて、学習していくこともプロプログラマーの仕事だと理解し実践することも大事だ。(ここまで理解できていればBBSでC#の配列書き方と言った質問はしなくなる)

プログラミングの世界にもアマチュアとプロフェッショナルの違いは実際には明確にある。プロスポーツ選手が華麗なプレーの裏で、たゆまない練習と自分の技術の向上のために絶え間なく深く思索を続けているように、プロプラグラマーもたゆまない学習と技術の向上と自分の仕事に対する思索を続けて行かなくてはならない。雇用する側もアマチュアとプロフェッショナルを区別していくことも必要だ。

あなたは配列を宣言する方法も理解していないで、あなたの車を走らせるソフトウェアを書く開発者が欲しいですか?

3 thoughts on “大衆によるプログラミング”

  1. 今、まさに俺の隣に座っている奴が、配列もポインタも理解出来ていないのに携帯電話(の一部)作ってる・・・
    違う会社だし原発の制御装置とか作ってるってわけじゃないから、まぁほっておいているが。

  2. ハードウェアに近いレベルでそれはちょっと致命的だなぁ。まだ.NETやPHPのプログラマだったら何とかなる(いやならない)かもしれないけど、そんなバイト単位でデータ切り詰めていく必要があるところで、それは致命的な気がする。
    やっぱり自分含めて誰も彼もプログラマとして雇いすぎなんじゃないかと思ったり。確かに人手不足なんだけど、猫の手ではプログラムは書け無いんだよね。

  3. >ハードウェアに近いレベルでそれはちょっと致命的だなぁ。
    彼が、どこのメーカーのどの機種に関わっているかは、ここには書けないので(w・・・それはTechEdのときに。
    今の地方のメーカーのソフトウェア部門なんて、2~3人の出来る人がいて、その周りに数十人の猫の手がいて、成り立っているのが現状だね。
    彼らは一応プログラマとは呼ばれているが、「じゃあ、これこれこういうプログラム作ってみてよ」というと、ボヤ~ンとしちゃう人がほとんどだ。。。(笑っ・・・って良いのか悪いのか)
    で、地方メーカーのソフトウェア部門では、そういう数少ない出来る人と、猫の手の給与体系に余り差が無いもんだから、出来る人は自分をちゃんと評価してくれる所を探して流出してゆくし、猫の手の方は”これで良いんだ”と勘違いしたまま年を取って行くし・・・もう知らん。
    ・・・ってな事も今度TechEdの時にでも小一時間グチらせてもらうよ(www

コメントを残す