HoloLens

Windows 10とともに発表が有ったのがHoloLens

Microsoft Windows 10

ホログラフィックが表示可能な透過型のヘッドマウントディスプレイにkinect 2を組み合わせたような製品で、これを使うことで現実世界の視覚情報に、ホログラフィック(3D)のVR(仮想現実) + AR(拡張現実)を重ね合わせることが出来、それだけで無く、視界に入る腕の動きや体の傾斜などをキャプチャできるので、それを利用したインタラクション環境を構築することが出来ます。

とりあえずMSが想定している市場や使われ方は、次のビデオで確認できます。

すぐにでも成立しそうな産業分野として、私が考えられるところは、現状3D CADや物理シミュレーションを使って製品設計を行っているモビリティの業界、システムの監視/管理の分野、特に現実世界の監視をしながらデータ参照を頻繁に行う必要がある航空管制や、港湾内での船舶の誘導などは思いつくところですね。ただそこは割と重そうなので長時間使えるか、首や肩への負担がどうかも問題になってきますね。

可能性が大きなデバイスですが、「すごい」だけでは製品として売れ続けていかないし、市場も大きくはならないので、アプリケーションとして「必要」を作っていく必要があり、Google Glassの様に大ゴケしないためにはそこが必要かなと思います。

コメントを残す