学び方を学ぶ

伊藤穰一:学ぶべきは、「何を学ぶか」ではなく、「どうやって学ぶか」 « WIRED.jp

社会人になって、それもしばらく経ってからメタ思考や学習方法、習慣について学ぶ機会が多く、中高の時にそうして出会っていなかったんだろうと思ったことも多い。

「知識」が簡単に検索すれば得られる今、「知識」を習得するのでは無く「知識」を「知恵」や「行動」に結びつけていくための学習方法が求められているのだと思う。

そうした学習方法の一つして集約化され、パターン化されているものが慶応SFCのラーニングパターンだと思う。

学習パターン: http://learningpatterns.sfc.keio.ac.jp/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください