書評:「世界征服」は可能か?

岡田 斗司夫による世界征服論。

結論は読んでのお楽しみだけど、大いに納得できるでしょう。

語り口もテンポが良くてトントンっと読めてしまいます。私は50分弱で読めました。

ただ多少注意は必要です。(読み手を選びます)
おたくではない人にとっては文中で引用されるざまざまな番組、映画等について全くわからず理解が出来ないところがあるかもしれません。
(まぁ僕はおたくだから爆笑なんですが)
後、現在の資本主義経済について多少の理解は必要です。まぁそれもフラット化する経済と山形浩夫氏のWEBでも読めばいい程度です。

とりあえずわかる人には大変おすすめなので、これまた新幹線移動のお供として手に取られてはどうでしょうか。

まぁある意味本書に書かれている内容を理解して笑えることが今のこの国の教養なんだろうとちょっと思ったりする。

コメントを残す