書評:2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

中身に関しては身も蓋もなく著者の今の心境や考えが口述筆記と対談で進められていきます。

結局この国はIT~とかいいつつ国としてネットで儲けたいのか、目障りだからそれを潰したいのかがさっぱりわからなくて、その狭間に2ちゃんねるがいるような気がするし、この著者の存在意義や苦悩(W)もそんなところにあるような気がしてならない。

新書ですし、対談が多く文書も平易な口語ですので1時間もあれば読み切れるでしょう。新幹線移動のお供に最適なので、東京駅のブックガーデンで仕入れて新幹線に乗り込むのがいいんじゃないでしょうか。

コメントを残す