米火星探査機 2年間稼働を続ける

CNN.com – Mars rovers keep exploring Red Planet – Jan 2, 2006
アメリカの火星探査機Spiritがこの3日で丸2年、フォロワーとして投入されたOpportunityも24日で丸2年稼働を続けることになるらしい。
当初火星表面の土砂がこれ探査機の太陽電池の上を覆って3ヶ月程度で動かなくなると思われていたのに、気温が比較的高く、時速100マイルをほどの激しい風によって、太陽電池上につもった土砂も吹き飛ばされてしまい動作継続できているみたいだ。
それにしても、2年もちゃんと動き続けてるのはすごい!

コメントを残す