超図解C#ルールブックを斜め読み

とりあえず、先ほど飛脚で到着したのでぱらぱらと読みました。
細かい比較はまだしていませんが、msdnでのコード標準とは大きく違っていないと思う。
この本自体は、表題通りコーディング標準と言うよりはルールブックといった内容。私が題名をつけるなら、「C# タコを普通にするための養成ギブス」といった感じでつけますね。ちゃんと言われた通り作られているかチェックできるようにFxCOPの使い方まで書かれてまつ。
巻末には「便利な」切り離せる一覧もあるよ!
一項目ごとに、なぜそうする必要があるかという点、制約、悪い例と良い例(リファクタリング前後)がつけられているので、とにかくこうしろという感じではないのでここは高ポイント。
中括弧の位置は完全なANSIスタイル(こだわるよ)。といっても特に言及はありません。これについてはマイナスポイントですかね。
結論としては総じて悪くなさそう。社内標準・プロジェクト標準で悩んでる方はとりあえず読んでみるとよし。
しかし、全ページオールカラーはすごい。(この出版社の場合デフォなのかもしれませんけど)

コメントを残す