INETA Day 2009

Dyanamic Dataお手軽プログラミング

講師:小野修司氏

オーディエンスすくねー!両手で余るぞ。

Dynamic Dataは簡単に作れるけど、使いにくいよね。

簡単なデータバインド部分だけ使って使いやすいデータ更新のWebアプリケーションを作ろうというお話。

セッション内容は基本デモ

デモ

DynamicDataManagerControlがメインのエンジン。これとグリッドコントロールを使う。

自分で作ったWebフォームからDynamic Dataのページにリンクされてしまうのは嫌なので、その場合にはGlobal.aspxでルーティング部分のコードをコメントアウトしてしまう。

SQLのフィールド名がそのままグリッドの項目名になってしまうので、Gridコントロールの列名を変更するメタデータを作って変更する。同様にメタデータを作成することでバリデーションコントロールを使ってフィールドを必須項目にしたり、デフォルトのエラーメッセージを変更することができる。

まとめ
  • データコントロールに検証コントロールを追加するのが簡単
  • 検証ルールを一箇所にまとめて定義できる

Dyanmic Dataプロジェクトを使うと煩わしい部分の多くをDynamic Dataプロジェクトがやってくれるのでデータ検証等が非常に作りやすくなることがわかりました。

PrismではじめるSilverlight LOBアプリケーション開発

オーディエンスがちょっと増えてきた。

講師:池原大然氏

Prismは分割開発を柔軟に行うためのフレームワーク

モジュール方式でモジュールを個別に開発し、それをシェルで統合する。

PrismはSL2とWPFをサポートする。

PrismのパッケージのホストはCode Plexのサイト

基本的にダウンロードしたパッケージを展開して、自分でビルドする必要がある(撥一つ動かすだけだけど)

シェル

すべてのモジュールを表示させる領域が表示されるメインページ

領域

シェルを領域に分割する

静的もしくは動的に分割

三つのアダプターがある

以上のデモ

シェルは事実上SL Pageの名前が変わっているだけ

領域の作成はXAML手書きw

領域はSLのGrid等の箱を用意しておいて、そこにCntentControlをおいていく方法。ContentControlにはRegionを設定する。

ブートストラッパとそのデモ

App.Xaml.csで最初に呼び出す

コンテナの設定~モジュールの生成という起動時のパイプラインを提供する。

プログラマがこれ用のクラスを作成する。UnityBootstrapperクラスを継承する。

モジュールとそのデモ

モジュールカタログにモジュールを登録

モジュールマネージャはモジュールカタログを元にそれぞれのモジュールの初期化を制御

ここのモジュールの初期化。モジュールはIModuleインターフェイスを継承する必要がある

モジュールカタログはXAMLでも定義できる。

モジュールはMVVMモデルで構築する(ビューとコントロールは分離する)

IModuleを継承したコントロールクラスのInitializeメソッドからビュークラス(SLのPage)を呼び出す。

通信

モジュール内またはグローバルでの情報交換

  • イベント
  • コマンド
  • RegionContext
  • 共有サービス

モジュール間では通常のSLのイベントは使用できない

CompositPresentaonEvent<IType>がその代わりにに用意される

EventAgregatorでイベント特定

イベントの発行元・受信先を作る必要がある。

コマンドはUIイベントの発行

RegionContext

共有サービスはサービスロケータを使用し共通インターフェイスを取得

まとめ・感想

通信めんどくさそう

なんとなく感覚的なところはわかった。

全体説明するにも40分は短い感じでした

Windows Azure アーキテクチャと開発

講師:森屋氏

感想とメモだけ。

Azureを使うときは自分を責めない。

Azureを触るときはHello Azure止まりでなくてちゃんとモデルまで実装して触ってみる。

Queueが結構面白い。やっぱATOMじゃない世界はぜんぜん違うな。

DataServiceとLinqは勉強しておく。

まずアカウントを取得して書くこと。

コメントを残す