Blazor がオフィシャルプレビューになりました #dotnet #dotnetjp

With this newest Blazor release we’re pleased to announce that Blazor is now in official preview! Blazor is no longer experimental and we are committing to ship it as a supported web UI framework including support for running client-side in the browser on WebAssembly.

情報源: ASP.NET Blog | Blazor now in official preview!

C#とcshtmlでWEBアセンブリを作れるBlazorが正式プレビューとなりました。

サーバーサイドのBlazorは.NET Core 3.0に含まれ、WEBアセンブリとして動作するクライアントサイドのBlazorは.NET Core 3.0のリリースには含まれないものの、将来のリリースで出荷されること(もはや「実験」ではない)が合わせて発表されました。

詳細は情報源をご確認ください。

ウインター #Forzathon 4/26~5/3 #ForzaHorizon4

シーズンは日本時間では木曜日23時30分に切り替わります。秋から冬となりました。

正確には4/26 23:30~5/3 23:30まで。

シリーズリワード

  • 80%達成: 2010 Ford Crown Victoria Police Interceptor
  • 50%達成: 2016 Alfa Romeo Giulia Quadrifoglio Forza Edition

2010 Ford Crown Victoria Police Interceptor

シーズンリワード

  • 80%達成: 2016 W Motors Lykan HyperSport
  • 50%達成: 1967 Chevy Chevelle

2016 W Motors Lykan HyperSport

2台目なのでオークションに出しました。

1967 Chevy Chevelle

ウィークリーチャレンジ 技術による前進

Aクラスの方のチューニングでチャレンジ。

ホットハッチ

2015 Audi S1を所有して運転する。

クリア

乗ってクリア。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE – XboxOne
価格: 8,000円
フロムソフトウェア

Continue reading ウインター #Forzathon 4/26~5/3 #ForzaHorizon4

Introducing .NET for Apache® Spark™ Preview

Today at Spark + AI summit we are excited to announce .NET for Apache Spark. Spark is a popular open source distributed processing engine for analytics over large data sets. Spark can be used for processing batches of data, real-time streams,

情報源: Introducing .NET for Apache® Spark™ Preview | .NET Blog

そゆもの。

SQL Server 2019 community technology preview 2.5 リリース

We’re excited to announce the monthly release of SQL Server 2019 community technology preview (CTP) 2.5. SQL Server 2019 is the first release of SQL Server to closely integrate Apache Spark™ and the Hadoop Distributed File System (HDFS) with SQL Server in a unified data platform. The CTP 2.5 preview brings the following new features Read more

情報源: SQL Server 2019 community technology preview 2.5 is now available – SQL Server Blog

でました。続きはSEの雑記

SQL Server Management Studio (SSMS) 18.0 リリース

When I joined the SQL Tools team as a PM back in October 2018, my top priority was to release SQL Server Management Studio (SSMS) 18. I expected a fair amount of work but didn’t realize how complicated the process would be. 6 months later, having passed several internal checks such as accessibility, privacy, security, Read more

情報源: SQL Server Management Studio (SSMS) 18.0 released for general availability – SQL Server Blog

  • ダウンロードサイズが小さくなりました。
  • VS2019 Shellがベースになりました(VS 2018 Shellというのは多分原文間違い)。
  • SSMSのインストール先を自由に選べるようになりました。
  • システムのロケール(UIロケール?)と一致しない言語版のSSMSをせっとあっぷできるようになりました(ありがたい)。
  • SSMSには、MS Object Linking and Embedding Database(OLEDB)ドライバが付属しています。
  • SQL Server 2019のサポート
  • Azure SQL Databaseサポートの改善。
  • SQL Server Management Objectsのアップデート
  • SSMS/Azure Data Studioの統合
  • その他バグ修正を含む一般的なアップデート

Visual Studio 2019 version 16.1 Preview 2 関連リンクまとめ

The latest Visual Studio 2019 Preview is now available with performance and reliability improvements as well as enhancements to debugging and extensibility.

情報源: Visual Studio 2019 version 16.1 Preview 2 | The Visual Studio Blog

基本的にC++関連の機能追加が主になっています。

#ForzaqMotorsport7 #ForzaRaceRegulations Developer Q&A @ Dsicord Official Server #Forza7

日本時間では4/30 午前5時から、Turn 10の開発者がDiscordに登場して、直接Q&Aをやるようです。

今週の専門ディーラーとギフト 2019-04-24 #Forza7

今週はこの4台

2014 Alfa Romeo 4C

2003 BMW M5

2011 Ferrari FF

2017 Ford GT

ギフト

2008 Aston Martin DBS

これは、#ForzaMonthlyのプレゼント企画

1989 Ferrari F40 Competizione

これは3月のバウンティハンターのリワードです。このほかに、私のところには計200,000CRが届いていました。

MicrosoftがThreadX RTOSのexpress logicを買収

Today, I am incredibly excited to share we have acquired Express Logic, a leader in real time operating systems (RTOS) for IoT and edge devices powered by microcontroller units (MCUs). Express Logi…

情報源: Microsoft acquires Express Logic, accelerating IoT development for billions of devices at scale – The Official Microsoft Blog

やっと、WindowsやWindows CEカーネルではリアルタイムはどうにもならないって理解したらしい。Azure IoT Edgeと組み合わせることで、よりフットプリントと消費電力の少ない(それこそ乾電池で動くような)IoTエッジデバイスが作成できるようになると思う。