バックミラー 2019-04-22

RVM的な何か

2019 SUPER FORMULA Rd1 Suzuka

中島レーシングの牧野とパロウはフロントローを独占し、二人とも良いレースを見せていましたが、2台ともホイールのトラブルでリタイア等残念な結果に。それ以外の事故もあり、計3回セーフティーカーが入り、出走20台中8台リタイアという荒れたレースになりました。

このレースを制したのは、1位ニックキャシディ、2位山本尚貴、3位山下健太と、順位は違う物の昨年最終戦と同じメンバーによる表彰だとなりました。

個人的には小林可夢偉がタイヤ無交換のギャンブルに出て他の車とタイム差を十分に上げたところでタイヤ交換する戦略をとり、SCが多く、その戦略が上手く行かなかった感じで非常に残念でしたが、最初のレッドタイヤをうまく使い、非常にキレのある走りを見せていたのが印象的でした。

スーパーフォーミュラ鈴鹿決勝|ニック・キャシディが優勝。決勝レースはセーフティカー4回の荒れた展開