「Windows」カテゴリーアーカイブ

Bash on Ubuntu on Windows @ Windows 10 Insider Preview Build 1502

Release Notes

情報源: Bash on Ubuntu on Windows – Release Notes

本日公開されたWindows 10 Insider Preview 15002ではWSLの多数の不具合点が修正されるも、コンソールでCtrl+Cが動作しない、システムスレッドでCPU負荷率が100%になってしまうことがあるという不具合があるようです。

Ctrl + Cに関してはBlogで解説(?)されています。

Bash in Windows Insider build 15002 – many fixes but a couple of bugs!

クリスマス休暇が有りチーム間で上手く連携が取れなかったそうで。。。

うるう秒回避のためにWindowsでntpのサーバーをtime.google.comにする

前回のうるう秒が2015年7月1日でした。今回は2016年12月31日の最後にうるう秒が追加されます。日本時間だと2017年1月1日の午前9時(正確には8時の最後に挿入)となります。「うるう秒」挿入のお知らせ | NICT-情報通信研究機構,閏秒(2016-12-31 23:59:60に挿入される予定の)に関する対策方法のまとめです。LinuxやWindowsのNTPの設定をみなおすだけで、対策ができるようになりました。対策を実施して、安心して年末年始を迎えましょう。

情報源: 元旦に実施される うるう秒の対策 まとめ,元旦に実施される うるう秒の対策 まとめ | Act as Professional

来年の1月1日午前9時(日本時間)にうるう秒が挿入されますが、そもそもntpサーバーがSlewな感じでうるう秒関係ない時刻を送ってくれればいいんじゃねーってことで、Googleがいい具合にしてくれるntpサーバーを立ててくれた。

Public NTP  |  Google Developers

Linuxに関しては上の大塚さんの記事を読んでいただくとして、Windowsの場合は結局time.google.comに時計を合わせればいいので、Workgroup環境のクライアントOSもしくはWindows Server であれば、管理者権限のあるコマンドプロンプトか、PowerShellで以下のコマンドを入力する。

Windows 10だとWindows Timeサービスが起動していない可能性があるので、その場合は

で同様に管理者権限のあるコンソールからWindows Timeサービスを起動してから上コマンドを実行してください。

クライアントOSの場合GUIから設定する方法の方が横道なんだろうけど、この方が早い。

ドメインコントローラの時計を合わせたいって人はきっともうわかっているはずなので、上の説明とかいらないと思いますが、今までやったことがなくてどうしても設定したい方は、以下の@ITの記事をよく読んでください。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0508/12/news089_3.html

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14986 for PC – Windows Experience Blog

Hello Windows Insiders! It smells like snow up in Redmond-town and you know what that means? A big ole pile o’ features to keep us company during SNOWpocalyse! Today we are excited to be releasing Windows 10 Insider Preview Build 14986 for PC to Windows Insiders in the Fast ring. What’s new in Build 14986 […]

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14986 for PC – Windows Experience Blog

深圳でやっているWin HECにあわせた形のリリースで、事実上の本格的なクリエーターズアップデートプレビューといった内容になっています。

コルタナニオン製でシャットダウン指示が出来るようになるなど、コルタナが強化されている他、ゲームバーがUWPアプリ以外でもフルスクリーン時に使用できるようになったり、その他大幅に機能強化されています。

Windows 10 クリエーターズアップデートより昇格なしにシンボリックリンクが作成可能に

Overview Symlinks, or symbolic links, are “virtual” files or folders which reference a physical file or folder located elsewhere, and are an important feature built in to many operating systems, including Linux and Windows. The Windows’ NTFS file system has supported symlinks since Windows Vista.  However, it hasn’t been easy for Windows developers to create […]

情報源: Symlinks in Windows 10! – Building Apps for Windows

gitやnpmで使用されることが多い等の理由から、次のInsider Preview(14972)より開発者モードをONにする事で、UACでのユーザーの昇格なしにmklinkコマンドの実行が行えるようにあるようです。

APIでも同様の動作をさせるためにフラグが用意されます。

だいぶ便利になりますが、シンボリックリンク自体のPOSIXとの互換性の問題は記事中言及されていないのでそのまま残る物と思います。ま、この辺は致し方ないかなと。

WSLでWindows側の%PATH%が$PATHに追加される

情報源: More easily invoke Windows apps and tools from Bash on Windows – Windows Command Line Tools For Developers

こちらも新しいIPよりWindowsで設定されたPATHが自動的にWSL側の$PATHに追加されるようになったようです。細かいところですが、WSLのコンソールでWindowsのアプリケーションが使いやすくなりますね。

WSL Antivirus and Firewall Compatibility

情報源: WSL Antivirus and Firewall Compatibility

WSLとアンチウイルス製品などとの関係のお話し。

基本的にサードパーティのアンチウイルス/ファイアウォール製品では、製品側でWSLへの対応が必要。WSL側ではAntivirus/Firewall用のAPIを用意する。と言うところ。

現状トラブルも多いようなのでWSLを使用する場合にはお使いの製品が対応するまではWindowsが初めから持っているDefenderとWindows Firewallを使用するようにした方が良さそうです。

問題は3rdがそこまで手間かけて対応するかですけど。特にコンシューマ向け製品。

Microsoft HoloLensが国内でも販売されるらしい

  日本マイクロソフト株式会社は、Windows 10を搭載した世界初の自己完結型ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」を日本の開発者および法人のお客様向けに提供することを決定し、2016年内中にはプレオーダーを開始することをお知らせします。 Microsoft HoloLensにより、現実の目の前の世界と、3Dのホログラムの世界を融合させたMixe…

情報源: Microsoft HoloLens の日本での提供について

年内と言うことのようです。