Windowsでの日本語照合順序 Japanese_XJIS_100、Japanese_Bushu_Kakusu_100 の比較 (メモ)

日本語照合順序 Japanese と Japanese_XJIS_100、Japanese_Bushu_Kakusu_100 の比較 – SQL Server 開発チーム ブログ – Site Home – MSDN Blogs.

メモ。

Windowsの照合順序設定の違いの解説。SQLでも現在同じ照合順序があります。

Windows Vista以降、日本語であればXJISと呼ばれる基本的にUNICODEの文字重みづけ順序になっているものと部首/画数順の何れかから選択できます。これはユーザーロケールに紐付くので、ユーザーごとの設定になります。

原則的に.NET FrameworkやVisual Basic 6、Windows APIのいくつかで文字列比較や組み込みのソート関数を使用した場合には、この照合順序が使用されます。ですので、Excelなどでのソートは基本的にこの設定通りに処理されます。

1年に1回ぐらいExcelのソート順について質問されますが、この設定により並び替えされるので、ソート後の並び順は文字コード順でも、漢字の音のアイウエオ順でもありませんので、どの様に順序決定されるかは上のリンク先で後確認を。

コメントを残す